検索
  • kusanoyukari

リノベーションのメリットとデメリット

更新日:7月13日

こんにちは。クサノユカリ建築設計室です。


家づくりを検討する際に、最近は「リノベーション」のご相談が増えています。

私たちも事務所兼自宅を中古住宅をリノベーションしたので、楽しさ・大変さは身をもって感じています。

今回は、リノベーションのメリット・デメリットについてお話できればと思います。


これから家づくりをされる方の参考になれば幸いです。


リノベーションとは?                 


リノベーションとは中古住宅や中古マンション等の建物全体に大規模な改修工事を施し、新しい価値を付け加えることを意味します。 例えば、中古住宅をスケルトン(柱や梁が見える状態)として、間取りを一新したり、2LDKのマンションを広いワンルームにして、一続きの空間にする等の工事はリノベーションと呼ばれています。 英語の「renovation」が「刷新・革新」と言ったニュアンスを持つことからも分かるように、単なる原状回復に留まらず、古い建物に付加価値を与えることで、より良い暮らしを実現するのがリノベーションであると言えます。


木造住宅リノベーションの工事中の写真


リノベーションとリフォームの違いとは?        


上記のリノベーションは、「古い建物に付加価値を与えること」とありましたが、リフォームは英語の「reform」からできた言葉であり、「古くなった建物や設備を新しい状態に戻す行為」といった意味合いになります。


例えば、汚れた外壁の塗り替えや、古くなったドアの取替、老朽化したトイレの交換等、壊れたり古くなって使いにくくなった場所を新築時のように回復させる工事がリフォームに該当します。


リノベーションのメリットとデメリット         


住宅を購入されて、リノベーションをされる方を想定し、リノベーションのメリットデメリットをいくつか挙げてみました。


◇メリット


①新築と比べてコストが安く済むことがある


リノベーションは既に建っている建物を改修するため、必要に応じて改修範囲を調整することが可能です。 例えば、リビングとお風呂だけリノベーションして、他の部屋はそのまま使ったり、下地まで工務店で工事してもらって、仕上げは自分でDIYしたり、すぐに使わない部屋であれば、必要になった時に仕上げ工事をすることも可能です。


②既存不適格建築物を有効活用できる


既存不適格建築物とは、建設当時は合法的に建てられた物件で、現在の建築基準法には適合していない建物の事を指します。 例えば、現在100㎡の建物が建っているとします。現在の建築基準法では60㎡までしか建てられないという決まりがあれば、既存建物を解体して建て替えると居住面積は40㎡小さくなります。 建て替え・増築をすると、確認申請という建築基準法上の手続きが必要なので、現在の基準に合わせないといけませんが、確認申請が不要であれば、同じ敷地で居住面積が有効に確保できるので、「どうしてもこの場所がいい!でも建替えると希望の広さが叶わない・・・」という場合等に有効だと思います。 ※違法建築やその他条件によっては成り立たない可能性もありますので、事前に調査が必要です。 ※部屋を増築したり、構造耐力主要な部分の過半を改修するなど大規模なリフォームは確認申請が必要な場合があります。 リノベーションを検討されている場合は、物件購入前に設計事務所へ相談し、一緒に物件を見てもらいましょう!! リノベーションできる物件なのかどうか分かった上で購入できるので安心です。


③レトロな雰囲気やデザインを楽しめる


中古住宅をリノベーションする際に、古い柱を見えるようにデザインしたり、古いデザインのドアやタイルを再利用したり。といった感じで、レトロな雰囲気を楽しむお客様もたくさんいらっしゃいます。 意匠的な部分ですので、好き嫌いの個人差はありますが、新築では出せない、独特なデザイン・雰囲気はとても良いと思います。


④補助金制度がある


今、全国で空き家問題や、古い住宅の耐震が課題になっています。 その為、耐震診断や耐震補強工事に対して、多くの自治体が補助金を出しています。 又、火災の防止や省エネに関しても補助金制度があるので、設計事務所へ相談したり、居住場所の市町村へ問い合わせしてみると良いかと思います。


◇デメリット


①予期せぬ費用が掛かる可能性がある。


中古住宅を購入する場合、予期せぬ費用が掛かる可能性があります。 たとえば・・・ ・ガス管が老朽化していて再利用できなかった。 ・耐震補強をしないといけなかった。 ・使えると思っていた設備やドア等が使えなくて取替が必要になった。 等です。 これらを解決する為には、物件購入前に、設計事務所に調査を依頼することがポイントです。 もちろん、購入前ですので解体して調査することはできませんが、目視で分かる範囲はしっかり見てもらい、おおよそどのような工事が必要か見極めてもらうことで、不測の事態はかなり軽減すると思います。 ただ、蓋を開けてみないと分からない事はどうしても出てきますので、工事費に「予備費」という項目を設けてもらい、予期せぬ工事にも対応できるように予算組みをされることがおススメです。


②大幅な間取り変更が難しい


中古住宅や中古マンションをリノベーションする場合、構造上、どうしても動かせない柱や壁がプランの邪魔をしてしまうことがあります。 その為、ご希望のプラン通りにならない場合があります。


まとめ                        


ざっとですが、リノベーションのメリット・デメリットを挙げてみました。

最近流行りつつあるリノベーションですが、気をつけないといけないこともあります。

失敗しないコツは、物件購入前にどれだけ調査ができるかです。もちろん購入後に詳細な調査・設計を行いますが、この時点で重大な問題が見つかってしまうと、リノベーションができない・大きく計画を変更するといったことになりかねません。


もし、リノベーションを視野に入れる場合は、購入前にいくつか物件を選定して、設計事務所へ相談してみましょう!!

80回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示