家づくりの流れ

 

クサノユカリ建築設計室へお問い合わせいただいた皆様へ、まずは無料相談を実施させていただきます。
要望・諸条件・今困っていること・こんな暮らしがしたい等々・・・、なんでもご相談下さい。

はじめは設計云々ではなく、まず色々とお話をしましょう。「家づくり」は物を買うのとは違い、設計から工事まで数ヶ月~数年に渡る事もあります。長いお付き合いを考えると、コミュニケーションの相性が、実は一番大切なのではないかと考えています。

※下記は、標準的な家づくりの流れの紹介です。計画内容や諸条件によって違った流れになる事もありますので、
ご相談いただいた内容に合わせて、最適な進め方を提案させていただきます。

1.無料相談

様々な希望や条件を建築士事務所(設計者)に相談して、色々な可能性を検討する場であり、施主様と設計者がお互いを知り合う大切な機会です。敷地や予算や建物のイメージが決まっている場合はもちろん、まだ何も決まっておらず、漠然としたイメージしか持っていない状態でも大歓迎です!

どれくらいの金額が必要で、完成後どんな生活ができるか等、施主様のライフスタイルに合わせて、どのように計画を進めていくべきかを一緒に考えましょう!

電話・メールでも結構ですし、事務所に来ていただいても結構ですし、こちらからお伺いすることも可能です。zoom等のオンライン打合せやLINE・Skype等も対応しております。

 

2.ヒアリング・現地調査

最良の提案をするため、施主様のご要望をさらに詳しく伺っていきます。様々な角度からお客様を理解し、最適な建築のイメージを描いていきます。それと同時に、現場の環境などの調査を行い、ロケーションを読み取る作業を行います。

 

3.契約

施主様と建築士事務所、双方の『権利や義務』を明確にすると共に、お互いの立場を守るためにも『業務委託契約』を結ぶことが必要です。

「家づくり」という施主様にとっての大切な機会を私共に任せていただけるかどうかを、これまでの打ち合わせを通じて判断していただき、不安や疑問を解消し、ご納得いただいた上でのご契約となります。

※設計契約時:設計料の10%

 

4.基本設計

建物に対する考え方を伺い、敷地・立地条件などを調査し、建築基準法等の関係法令に照らし合わせ、平面、立面などの基本設計図を作成します。『希望』が具体化される重要な課程です。十分時間をかけて、納得できるまで打ち合わせることが大切です。また、工事費の概算金額も提示します。

※基本設計完了時:設計料の20%

 

5.実施設計

基本計画が出来上がり、施主様の建物に対する考え方も十分理解したので、工事に着工できる図面を作成します。意匠設計図、構造設計図、構造計算書、設備設計図、各工事仕様書、工事費積算書、建築関係諸手続きなどが含まれます。

※実施設計完了時:設計料の30%

 

6.工事費の見積り

実施設計図に基づく工事金額の見積もりは、工事業者が行いますが、必要に応じて建築士事務所が、その内容や工事業者の選定について助言します。実施設計で作成した設計図の一部を使って「建築確認申請手続き」をおこない「建築確認通知書」を受理した時点で工事着工となります。

※工事契約金額が決まった時点:設計料の10%

 

7.工事着工・監理

工事期間中は、設計意図を工事業者に明確に伝え、週に1日程度、各工事の施工検査・強度試験・材料検査結果のチェックを行い、工事が請負契約書などに示された諸条件に従って適切に施工されるよう監理します。

具体的には、工事施工計画の検討助言や施主と施工業者間の調整、各種報告や手続き処理、竣工時の消防や役所などの検査立会い、及び建築士引渡し時の立会いや最終的な工事の確認などを行います。

工事の半ばと完了時には中間・完了検査の書類を作成し、検査に立会います。

 

8.竣工(完成)・お引渡し

設計者、施工者、お客様それぞれの視点からキズ、汚れなどの検査を行い、手直し是正工事終了後にお引渡しとなります。

※お引渡時:設計料の30%+精算分

 

9.アフターフォロー

「建てたら終わり」ではありません。安心して暮らしていただけるようにしっかりアフターフォローいたします。

例えば、自然素材や無垢材は、湿度や湿度によって反ったり、大きさが変わったりします。調整が必要か判断が微妙な場合はしばらく様子を見てみる場合もありますし、軽微な調整であれは、私共自らの手で行うこともあります。大きな不具合があれば施工会社に直してもらうための仲介をいたします。

お客様がどのように住まわれているのか、毎回お家に伺うのを楽しみにしております。